2013年06月04日

お釈迦さまものがたり[28]《悟りへの糸口》

雨梅雨入り雨した途端・・・



寒い・・・がく〜(落胆した顔)



しかし、今日は久しぶりに窓全開exclamation×2


かわいい気持よい風が吹き抜けていきますかわいい


ということで、

野いちご.jpg
野いちご



前回は、


無の境地

そして、絶対的な無


また、それらをずっと持続させたまま居続けること


これらは、私達に心が存在をしている以上



絶対不可能exclamation×2



というところで終わってました。



分かりやすく言えば、


「無の状態」になっている自分

を想い描いている



想いに浸っているだけってことです。


ですから、


想いを断ち切るという想いも、


同じ「想い」には変わりありません。


そんな想い「想念」の堂々巡りであり、


かえってそれは「想い」執着へと成りえます。



これらアララ・カラマー仙人がとなえる


非想(無)から非非想(絶対無)


といった考え方自体・・・


を常に自らとして携えながら生きている

私達人間のありのままの姿



言うなれば、


「想念」という不可欠ともいえる人間の意識の働き

無理に止めようとさせる「意思の働き」


を意味していることになるのではないでしょうか。


こうした「想念という不可欠ともいえる人間の意識の働き」は、


私達人間・心魂が持つ進化向上を促がしていくものとなりますexclamation


しかし、


心の内からこんこんと湧いてくる想い

無理に止めようとする「意思の働き」は、

人間進化向上を阻害させ、

さらにそれはそのまま新たなる想いを作り出していく



ということになるものといえます。 


また、精神分析の上で不可解な疑問も出てくるのです。 



人間にそなわる五体思考(想うこと)は、


この地上に生かされ生きていくために、

自然が与えてくれた・・・


言わば、

最低の保障であるはず。


私達人間はそう生きるように作られ、

そう生きられるように与えられている。



それを、どうして???


故意に、人間の浅はかな思考と意思によって

それら保障を破棄しようとする
のでしょうか。



これら人間性を曲げてまでの修行法には同調はできぬし、

そんな考え方からは神(バフラマン=梵天)の心を掴むことはできるはずがない。

こんな両極端ともいえる思考や行為からは、

生老病死からの解放へと導き出してくれる「悟り」など・・・

得られるはずもない。
 



ゴータマ・シッタルダ(お釈迦様)それを思われたのでした。 




さすがにぴかぴか(新しい)お釈迦様ぴかぴか(新しい)ともあろう人です、

事を見てその理非を達観する

とても分析が鋭いexclamationと言えますねわーい(嬉しい顔)



ゴータマ・シッタルダ(お釈迦様)は、

これら観察を通して、


やたら肉体をいじめ「身体不倶者」になることも・・・

意識思念を完全停止させ「生きていくこと自体をキャンセル」することもない・・・



「悟るための別な修行法の存在」を確信していく



そんな端緒がここで掴められていくことになるのですexclamation×2


posted by どうざん at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | お釈迦様ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

お釈迦さまものがたり[27]《悟り=無の境地??》

桐(きり)
IMG_20130520_102939.jpg


晴れ陽気な天気が続いてます晴れ


日曜日のピラティス&ランチ会(Facebookとは別バージョン)
NCM_0399.JPG
※注)五体投地(ごたいとうち)ではありませんよ(笑)
(両肘 ひじ 両膝 ひざ と頭を地面につけて行う拝礼)


インストラクターの阿南先生ですが、


他のインストラクターの方との決定的な違いがあります。


それは何かと申しますと・・・


現役の看護師さんであり、

さらに某病院の看護師長さんで、医師とともに糖尿病とピラティスについて研究もされていらっしゃるそうです。


体のことを医学的に詳しい方が、

ピラティスを通じて体と心のバランスをとる・・・


ぴかぴか(新しい)なんと素晴らしいことでしょうぴかぴか(新しい)



二足の草鞋・・・なんて揶揄する人もいるかもexclamation&questionしれませんが、



かわいい重要かわいいなのは、


草鞋の数ではありませんexclamation


一足だろうと、二足、三足だろうと



【何のためにその草鞋を履いているのか】



です。



自分にできることが色々あるのならば、


それぞれの才能を活かす


一足よりも、二足exclamation

二足よりも三足exclamation×2と・・・



そろうことによる相乗効果



期待できますよねわーい(嬉しい顔)



ちなみに、コンパルホールにては・・・
http://www.compalhall.jp/pdf/130401_2.pdf

《スポーツ講座》No.52 ピラティス入門


べっぷアリーナにては・・・
http://www.beppu-arena.com/sports.html#sports
(下の方)

《スタジオ教室》アンチエイジングピラティス


また、オーダーメイドで「プライベートピラティス」をご自宅でレッスンもしていらっしゃいます。


興味のある方は、動真庵まで連絡いただければご紹介できますよるんるん




では、「お釈迦さまものがたり」続きです・・・


アララ・カラマー仙人の言う論理、道筋


この世の根源は「混沌」そのものであって、

因果や道理、秩序や法則など何一つない。




果たして、すべてはそんな状況となってあるんでしょうか 


では早速、現実の宇宙、自然の姿やその運行を観察してみますと・・・


どういうことでしょう



どう贔屓目(ひいきめ)に見ても・・・


宇宙自然界は彼が説き示すような

無秩序・無節操な一過性ともいえる

気まぐれ偶然ばかりが矢継ぎばやに繰り返され、

まさに混乱・無責任な様相・・・


とはなっていませんよねexclamation×2


また、宇宙自然界が、

これから先、混沌となって推移していくようには・・・


どう見てもそう見えないし、そうなるようには思えません。


私達社会にしても様々な問題はありますが、


世の中の規律や秩序を守り、

良心にもとづいて人々は行動をし、

黙々と生活を積み重ね、

営々として世間・世の中を作り上げていっている
 

ようでもあります。


どうやら、アララ・カラマー仙人の言う通りには・・・


なってはいないようです。 


また、もし宇宙・生命の根源が「混沌」であり、

すべてのすべてが無秩序・無原則・偶然だけで出来上がり、

因果道理など通用しないものとすれば、

論理や筋道を立ててものごとを考えること自体・・・


全くのナンセンスexclamation×2


できない相談となるわけです。

ですから、アララ・カラマー仙人自身が

皆々を納得させるべく論を立てて、

滔々と自説を語ることもできなくなり、

またそんなやり方が許されるべきこととはなりません。あせあせ(飛び散る汗)


まあ、どう考えても・・・


彼の説はおかしいといえるんです。


ですから、「無の境地」についても言えるんですね〜。 


・・・では、

まず私達人間の意識を「ポカ〜ン」と「無」にしている

あるいは「ポカ〜ン」と「無」にさせている

心・空白の状態(アララ・カラマー仙人がいう非想の境地)を考えてみて下さい。


そんな「カラッポ」な心の状態のときでも、

私達は空白という想念一コマ、一コマを作っているのではないのだろうか

ということであります。


なぜならば、先述したように


心そのものは永遠なる生命体となって生き、

それゆえに心は瞬時も休むことなく

意識活動をし続けているもの



でありますから、そこにがある以上は・・・


何がしかの想念を描こうとして

心のスクリーンに意識という光を射し向け、

様々な意識想念を働かせていることになる・・・



だからです。 


心とはそういう本質を持つものであります。 


ですから、

たとえ「ポカ〜ンとした無の状態」となっていても、

心(意識の働き)がそこにある以上exclamation

そこには「ポカ〜ンとした無の想念」がすでに映し出され、

出来上がっていることになります。


ならば、その場合、あやふやとはいえ、

確とした「無」という心の画像意識想念上に描いていることになり、


決してそれはアララ・カラマー仙がいう

「無の境地」

となるものではありません。


それゆえ彼がとなえる「無の境地」など、


もしや、一種のまやかしexclamation&question


となってしまいます。


ましてや非非想の境地とされる「絶対的な無」など、


それは観念遊戯の所産にしか過ぎないことになってしまいます。



つまり、心がそこに存在をしている以上・・・


想わぬ想いなどあり得ないexclamation×2


ということです。

 
ですから、


私達人間の意識を常に

「ポカ〜ン」と「無」にさせる心・空白の状態

ずっと持続させたまま居続けることそれ自体も、

はたしてそれが可能といえることかどうかといえば・・・


それもできることにはなりません。


がある以上、絶対不可能なんですふらふら


また想いを断ち切るという想いも・・・


・・・続く。



ここ最近の「お釈迦さまものがたり」は、同じような内容を繰り返し書いています。


何故かと言えば、


ぴかぴか(新しい)お釈迦様が悟りに至るキーポイントぴかぴか(新しい)


となっているからです。


もう少しお付き合いくださいねわーい(嬉しい顔)
posted by どうざん at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | お釈迦様ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

お釈迦さまものがたり[26]《根本=混沌??》

だいぶ間が空いてしまいました。たらーっ(汗)


久しぶりの更新です。るんるん


ありがたいことに、何だか忙しくさせて頂いておりました。
(更新していなかった、ただの言い訳ですあせあせ(飛び散る汗)


ここ最近、色々な花が咲き始め、

新緑の色に加え、カラフルな花々が心を和ませてくれます。

杉に藤ツリー
NCM_0392.JPG


ではでは、「お釈迦さまものがたり」の続きを・・・




アララ・カラマー仙人からすれば、


自己のまわりにあるすべてのものには


因果道理秩序法則など一つもなく


まさに宇宙・生命の根源「混沌」そのものであって、


すべては

「あるがままにあって、なすがままに流れゆく、

またあるがままにできあがり、なすがままに消えていく」



そんな気まぐれ偶然ばかりが繰り返すだけの野放図な連続そしてまた連続・・・


それだけが外界の事象となってあるに過ぎないものと見なすわけですから、


我々人間のの状態もこれと同じような


無関心・無執着へと向かった意識境地

あるいはひたすら「我(が)」から離れた意識境地


すなわち「無の境地」であるべきことが


自然道理として一番相応しいとするのです。 


アララ・カラマー仙人は、


宇宙・生命の根源たる「混沌」

即自一体となる「無」の境地こそが、


悟りの境地に一番近いものであるexclamation×2


としたのです。 


分かりやすく言えば、


元々が「混沌」なのだから、

ものごとを考えるなアレコレ詮索するなexclamation

心の中はカラッポにしておけexclamation


ということであるわけです。



ちなみに、「混沌」からなるアララ・カラマー仙人の論理を

より具体的に展開させてみると・・・ 


宇宙ないし生命の基(もとい)は、

実に「混沌」とした

わけのわからぬ、

捉えどころもなく、

つかみ得ないものである
と、

まずは断定します。

そうした「混沌とした宇宙・生命」から

「我(が)」というわけのわからぬ業(ごう)が生じ、

この我(が)という業(ごう)から「愚かな心」が生まれ、

それが「愛執」へと囚われていく。 

この「愛執」「肉体」を生み、

肉体をまとって生きていかなくてはならない私達人間からは、

肉体にかかわるあらゆる「煩悩」がそこで必然的に漏れ出し

不作為とはいえこの「煩悩」の姿様々な姿・形に現われ出して、

その結果として「生老病死」という苦しみが起きてくる。

こうした道筋を彼はとるのでありました。 


アララ・カラマー仙人が立てる論理の筋道は、

先のヴァックーバー仙人とは比較にならぬほどよく通っており??

一見なるほどとも思われます。

 
でも、果たして宇宙・生命の根源がはたして「混沌」といえるものなのか 

そうはっきりと断言してよいものだろうか


彼から言わせれば、

知性や理性を凝らして科学究明をほどこし、

世の中の幸福繁栄、人類の進化向上をすることなど、


やるだけ野暮(やぼ)exclamation


そうしたちっぽけな事柄にかかわることなく、


「混沌」「無」


という大局に向けて生きていくこと

それこそが私達人間のあるべき心魂の姿としたのです。


そうすると、ゴータマ・シッタルダ(お釈迦様)のように、


世の中の現象をつぶさに観察し、

やがては生老病死の苦に逢着をし、

そこから解脱する道を究明していく
人物など、

アララ・カラマー仙人からすれば・・・


徒労に身を砕いているだけの「我(が)」の塊りにしか過ぎない小心者


といえることになるんでしょうね。


次回、

《悟り=無の境地??》

です。
posted by どうざん at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | お釈迦様ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。