2012年11月16日

お釈迦さまものがたり[番外編1]《この世というもの》

IMG_sun.jpg

寒い・・・。ふらふら




動真庵の外気温ですが、



今日は、朝9時の時点でも・・・






1℃がく〜(落胆した顔)





寒いはずです。あせあせ(飛び散る汗)






お昼頃には、10℃くらいまで上がりましたが・・・晴れ






そんなことより、『お釈迦さまものがたり』の続き・・・







の前に、知っておいて頂きたいことがあります。





それは、






この世というものは、私達の魂(心)





より豊かになり進化向上がされていくための、






格好な修行の場となるよう、






天上界の神仏といわれる方々が、






ぴかぴか(新しい)完璧なまで精巧を施しぴかぴか(新しい)





ぴかぴか(新しい)最善を極め尽くしぴかぴか(新しい)





これを形にして仕組ませたのexclamation×2であるということ。ひらめき











この世あくまでも私達・魂修行のため仮りの場に過ぎないのであるということ。かわいい 







であるからこそ、『生老病死』に代表される





「この世・人生の





というものが必然的に生まれてくるのです。







このことから、この世での生き方が見えてきますよね。






気になる「この世での生き方」とは?












続きは、次回exclamation


お楽しみにわーい(嬉しい顔)



ラベル:生老病死 修行
posted by どうざん at 23:18| Comment(1) | TrackBack(0) | お釈迦さまものがたり[番外編] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

お釈迦さまものがたり[番外編2]《この世での生き方》

IMG_momiji.jpg

今朝方の気温





がく〜(落胆した顔)1℃がく〜(落胆した顔)




冷蔵庫の中が取れますな・・・あせあせ(飛び散る汗)





さてさて、






気になる「この世での生き方」ですが、







では、どのような生き方であるか。







それは、







この世には要らぬ執着など持たず、







この世体験したすべての事柄自らの財産とさせ、








我が智慧(仏智)とさせて、





活かしはぐくみ蓄積していくべきとする







・本来からする仏道の姿=仏法をもととする生き方」







これが、ここに見えてくることになります。 








そのため、私たちの居るこの世よりも






もっと上の方(高次元)に位置するグッド(上向き矢印)







天上界・神仏といわれる方々は、







この世である地上界・地球にあって魂修行をする者達のために、








あるもの無償で与え施されています。









それでは一体、何をexclamation&question















ここで次回です。(笑)


気になりますねぇ〜。わーい(嬉しい顔)


かわいいお楽しみにかわいい


posted by どうざん at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お釈迦さまものがたり[番外編] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

お釈迦さまものがたり[番外編3]《無償》

IMG_201211.JPG
栗の葉っぱが大量に落ちてます・・・わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)


動真庵は、冬まっしぐらるんるん


状態ですふらふらふらふら




ということで、続きです。







神仏が、私たちに無償与え施されているものとは?






それは、







ぴかぴか(新しい)熱や光や環境の一切(地・水・火・風・空)ぴかぴか(新しい)






これらを無償で与え施され






さらにexclamation×2






適切にゆきわたるようコントロールをされています。







要するに、






私たちの周りにある
  ごく当たり前に存在し、
    そして、有り続けている







かわいいすべて一切の環境かわいい





です。






そして、






天上界・神仏といわれる方々は、






魂の仕組みを設えて、私達の一切≪魔≫から守り、







いっときも休むことなく、







すべてを良導・管理運営されているということになるわけということになります。 







このことこそが、







ぴかぴか(新しい)「神仏の慈悲であり愛であり調和・中道」ぴかぴか(新しい)







というものなんです。





これらが本当の姿、仏教でいうところの『実相』であるということなんです。





ちょっと小難しくなりましたが、





このことは、






とても大切なことなので、






どうか知っておいて下さい。 







慈悲とか愛というものは、





ものすごく広くて、とてつもなく深い


でもそれは、どこまでも明るくて温かく


とても心地のよいもの













次回は、ようやく「お釈迦さまものがたり」に戻ります。


『ゴータマ・シッタルダ(お釈迦様)の逃避』


でしたね、危うく忘れそうになってましたあせあせ(飛び散る汗)


それでは、お楽しみにexclamationわーい(嬉しい顔)
ラベル:神仏 無償 慈悲
posted by どうざん at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | お釈迦さまものがたり[番外編] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。