2012年12月29日

お釈迦さまものがたり[7]《心の師》

もぉ〜い〜くつねぇ〜るぅ〜とぉ〜るんるん



なんですが・・・



なんだか、今一つお正月の実感が湧いてこない今日この頃。



皆様もそんな感じではありませんかexclamation&question



この謎は、後々解明していきたいと思います。(笑)


干し柿
IMG_20121229_121731.jpg





では、続きです、どうぞexclamationわーい(嬉しい顔)






二十九歳のゴータマ・シッタルダ(お釈迦様)は、


心の師を求めて出家を決意exclamation


カピラの城を出たのです。


それこそ最初のうちは、出家して城内の住み慣れた環境を離れ、


必ずや巡り会えるであろう≪心の師≫の指導のもと黙々と修行をしていけば・・・



ひらめき悟りは得られていくものひらめき


そんな考えであったのでしょう。


そして、


「悟りを得たならば、また城に帰って父の手助けを」と。 



ところが・・・



「いざexclamation修行」という現実場面に出くわすと、


「そんなに甘いものじゃない・・・」


ということがヒシヒシと感じ取られてきます。


先ずは最初に近くの森で修行場を開いていた


ヴァックーバーというバラモン仙人(僧)


の門をたたき、そこで身をもってこのことを味わいます。


ヴァックーバー仙の修行場では、


戦い明けやらぬ身の素性から逃れ救いにあずかろうとしてやって来た兵士達

あるいはバラモン白人種・修行者達が、

何とか己自身を悟ろうと必死に行をしております。 


「ここでの修行の目的は何か?」


ゴータマはこう切り出すと、


「今世は戦乱に次ぐ戦乱で、心の安らぎなど到底得られそうな世の中でない。

そこで、このような肉体行を積み重ねして、来世は戦争のない平和な国に生まれ出る、

それを目的としているのである」



疑問に思ったゴータマは、


「もし天上界でよい生活をしたいための修行であれば、

また次そのまた次も、この世に生まれてきたとき、

同じようにこうした厳しい肉体荒行をせねばならぬことになろう。

原因と結果とは輪廻していると思われるけれど、

それならば、

私達人間はこの世に生まれてくるたびに、

厳しい肉体荒行をしなくてはならないことになる。

そんなことでは、

未来永劫いつになっても確とした心の安らぎ、

よい生活など得られていけるものとはならないが、

私達人間はそれほど浅ましい生きものなのでありましょうか?」 



返答に困った仙人は、



「お前は厳しい修行がそれほど怖いのか」



とゴータマをなじるのであった。



・・・続く。

次回、『矛盾』です。

年内更新しますよ。

あと数日ですが(笑)


posted by どうざん at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お釈迦様ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

お釈迦さまものがたり[8]《矛盾》

正月飾り用に山へシダ採りに入って見つけた

IMG_20121231_105309.jpg
冬いちご



とうとう2012年の最後の日が来ましたね。


2012年、人類が・・・がく〜(落胆した顔)


なんて騒がれていましたが、何事もなく今日を迎えられました。


去年の12月8日のブログ


『2012』


でも書いていましたが、


NASAが発表した


太陽活動が極大化する時期は2013年5月頃


というのもありましたので、気になるところです。


しかし、こう色々あると、


なんだかイベントを楽しんでいるみたいですよね。



まっ、それくらいの方が健全的です(笑)



それでは、今年最後の『お釈迦さまものがたり「矛盾」』です。




ゴータマは、修行者の一人一人をよ〜く見てみると、


大変な荒行を重ねていた。


或る者は、炎々と燃え盛る火の傍らで、自分の身体その火に当て、


その悲痛な苦しみによって


自分の煩悩を絶とうとしていた。


或る者は、バラのトゲを一面に敷きその上我が身を横たえ


出血で身体全体が真っ黒にハレ上がりながらも、


その苦しみに耐えていた。


まさに見るも無残な地獄の場景


であったのです。 



「肉体荒行」「心の平和」



ゴータマにはこの両者がどうしても結びつきません。


心の苦しみを除くために、


どうして自分の肉体ばかりを痛めつけなければならないのか。


またそんなことして、


自分が希望する安らぎ溢れる幸せな国へと本当に生まれ替わることができるものか。 


よく考えてみると、


それら論理には無理な飛躍


まさに辻褄(つじつま)が合わないことが知れるのです。


自分の身体を痛めつけ心身喪失の状態にさせれば、


欲望など確かに起きてくる余裕すらありません。


けれど、


極限なまでの肉体苦に打ちひしがれ我慢に我慢を重ね、


そして死んでいって
死後の世界で、


何で心安らぐことになるのか?


肉体荒行をすれば当然として肉体苦というものを味わうはずである。


仙人がゴータマに強調して言った


「輪廻の法」 


すなわち、


『現在の原因が未来の結果となるという道理』


に照らし合わせ考えていけば、


そんな肉体の苦しみを強く心に焼き付けて死んでいった者達が、

どうして死んだ世界において心安らぐ境地にひたることができるものか?



できるわけがない。


ヴァックーバー仙人は言っていることと、やっていることと


明らかに矛盾しているのでありました。 


また問題は、


来世ではなく、今生きている現世にあるべきではないのか?

 
いったい人間は、


現世に何の目的を持って生まれてきたのか。

来世を望むためか?


いや違う、現世をよりよく生きるために生まれてきているはずである。 


とすると、ここでの修行なり目的というものと、


ゴータマ自身が二十九年間の悩みによって、


得てきたものとが一致することにはならない


それがわかったゴータマは、


ヴァックーバー仙の修行場をあとにしたのです。




次回、「境地」

それでは、良いお年をお迎えください手(パー)わーい(嬉しい顔)
posted by どうざん at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お釈迦様ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

お釈迦さまものがたり[9]《境地》

遅くなりましたが、



あけまして、おめでとうございます。



お正月は、いかがお過ごしでしたでしょうか。



私たちは、1・2日とお互いの実家へ新年の挨拶へ行ってきました。



奥さんの実家である佐伯市にて
IMG_20130102_154827.jpg
大漁旗




昔は物凄い数を立ててったそうですが、だいぶ減ったそう。




時代の流れですね。



ということで、レアな縁起物です。





ラッキーexclamation×2







さて、ゴータマ(お釈迦様)の実家であるカピラ城に話を移してみましょう。



当然のこと城内では、


ゴータマ出城で騒然となります。


そこで、父王シュット・ダーナーは様々な解決策をめぐらせるのです。


翌朝、父王は五人の体力、武力の優れた若者に影武者を命じ


ゴータマの身の安全、情報提供、食料の補給の任務に就かせます。 


のちにこの五人は、城には戻らずにゴータマの弟子となり、


アラハン(阿羅漢)


という悟りの境地へと至ります。


ここでアラハンとは、


悟りの第一段階である意識境地。



どういった状態かと言いますと・・・



私たちの【心】には、潜在意識表面意識(顕在意識)があります。


解りやすく言えば、


氷山が海に浮かんでいるとします。


私たちが普通見えるのは、


海上に出ている部分。


仮に高さ10mすると、見えている部分だけで


「高さ10mの氷山」


と認識してしまいます。


しかし、氷山は海に沈んでいる部分もあります。


この部分は、海中でしか確認できません。


で、仮に深さ90mとすると、


たった「10mの氷山」と思っていたものは、実は・・・



「100m級の氷山」だった、ということになります。



大根やニンジンでも、ほんのちょっとだけ地表に顔を出しますが、ほとんどは地中です。



人の【心】のまた然り。



私たちが認識できる海上の氷山部分表面意識


で、海中の氷山部分潜在意識ということになります。


私達が常に使っている心の表面層の意識《表面意識》(約1割の領域)

私達の心の奥層にある眠った意識《潜在意識》(約9割の領域)


これが、私たちの【心】の構造です。


この表面意識潜在意識の間には、簡単には見通せない曇ったがあります。



悟りの第一段階である意識境地というのは、



このを、反省行を通して透きとおるまで心を清め


両意識同通させ、潜在意識の中に内包されている


自らの過去世の意識をよみがえらすことができる


という状態をいいます。


すなわち、


生命の永遠性を証明することができる意識境地



そして、アラハンの境地より清めていく


無数の段階からなるボサター(菩薩)という境地になり、


ぴかぴか(新しい)六神通力ぴかぴか(新しい)
(表面意識と潜在意識との同通による超能力のこと)


の一つ一つの精度が上げられることになり、


さらに心を高めることによって


観自在力いわゆる六神通力


自由に駆使できるようになるといわれます。 


で、その六神通力とは、



天眼通
心眼のことで、俗に言う霊視です。 霊視がきくようになると、あの世が見え、また墓場にいくと死人が立っているのがよく見えます。 

天耳通
霊聴のことで、死人の声 あの世の天使の声が聞こえてきます。 

他心通
人の心が読み取れること。 

宿命通
その頂点に達すると人の過去・現在・未来を手に取るように知ることができる。 

神足通
その身は自分の家に居ても遠く他の場所が見えてくる能力。 

漏尽通
前記五つ通力を遥かに凌ぐもので、それは通常と変わらぬ生活をしていながら、心は一切の執着から離れていける意識境地であり、それによって事の是非・判断・道理を知り尽くしている大智識にまで到達ができることである。


とりわけお釈迦様は、かわいい最も優れた通力かわいいを有していたといわれます。



話が、「御釈迦様さまものがたり」からそれてしまいましたね・・・あせあせ(飛び散る汗)


次回は、「理由」です。

お楽しみにexclamation
posted by どうざん at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お釈迦様ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。