2012年01月11日

鏡開き

今日は、鏡開きでしたが、皆さんのお家の鏡餅は、どうでしたかぁ?

パックされた鏡餅もありますから、それだったら大丈夫なんでしょうけど、家のは、立派なカビさんが生息してました・・・

カビさんだけをそぎ落とし、ぜんざいでいただきました。
2012-01-11_08-39-44_HDR.jpg




鏡開きなんですが、元々は、武家社会の風習で鎧や兜の「具足」に供えた具足餅を下げて雑煮にして食べた風習が一般化したものだそうです。

鏡餅を供えるのも、日本の歴代天皇が継承してきた宝物で、天孫降臨の時に、天照大神から授けられたという

ぴかぴか(新しい)三種の神器ぴかぴか(新しい) 

≪八咫鏡(やたのかがみ)≫

≪八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)≫

≪天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ、あまのむらくものつるぎ)≫(草薙剣)

形取ったものと言われています。

餅・・・鏡
橙・・・玉
剣・・・串柿
※地域によって串柿・干しするめ・昆布などを飾る。



古くは「二十日(はつか)」が「刃柄(はつか)」に通じることから、1月20日に行われていたが、徳川家光が4月20日(慶安4年)に亡くなったため、20日を忌日として避け、1月11日に行われるようになってからは、現在も1月11日に鏡開きを行うことところが多いそうです。


それと「ぜんざい」ですが、仏教でも「ぜんざい」という言葉があります。


「善哉」と書き、お経にも出てきます。


「よきかな」


川平慈英風に言うと・・・


「いいんです!」


という感じの意味。


一休さんが最初に食べたとされ、あまりの美味しさに「善哉」と叫んだとする説があります。※その他の説もアリ。



ふざけ過ぎかも・・・あせあせ(飛び散る汗)なんで、今日はこのへんで。



最後に、画家の方からいただいた年賀状
IMAG0038.jpg

・・・すごい。


posted by どうざん at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

愛と希望と勇気の日

木村拓哉主演の『南極大陸』観てました?

去年の12月19日の最終回、生きていることが分かっていても「タロ」「ジロ」助かってよかったぁ♪・・・なんて一喜一憂したものです。




そのカラフト犬「タロ」「ジロ」の生存が、1959年(昭和34年)の今日、確認されました。


だから今日は『タロとジロの日』なんですよ。



この二匹をみて、『愛と希望と勇気の日』とも呼ばれているんです。


凄まじい生命力です。


ドラマでは、リーダー犬だった「リキ」は、キムタクが駆けつけるギリギリのところで亡り、遺体を発見しちゃったんですが・・・

実際は、第8次と9次の交代時(1968年)に遺体で発見されたそうです。

また、日本隊が着く前、ソ連隊が飛行機燃料補給のために無人の昭和基地に立ち寄った時、2匹の黒い犬がいたとの、記録が残っているそうです。

※南極OB会会報より




生きるという壮絶な世界・・・




人は、ある程度、人生を選ぶことが出来ますが、犬たちは、選べません。


自分が、犬たちと同じ立場だったら・・・



怒り、悲しみ、嘆き、苦しんでいたでしょう。




仏教では、煩悩の根本とされるものを≪三毒≫と表します。





≪貧(とん)≫・≪瞋(じん)≫・≪癡[痴](ち)≫





≪貧≫とは、貧欲(とんよく)。いわゆる、むさぼって必要以上に求める

 
東日本大震災の時が顕著でしたね、西日本で、電池が売り切れたり、水が売り切れたり・・・

もちろん、備蓄や必要な方に送ることは大切なことですが、中には必要以上に買いだめるといった、自分さえ良ければ、助かれば・・・という



≪瞋≫とは、瞋恚(しんに)。いわゆる、怒り


分かりやすく言えば、「自分に優しく、他人に厳しく」

自分は良くても、他人だと許せない

自分は正しい自分以外は間違っている


要するに、自分を中心に世の中が回っているのだと勘違いしている




≪癡[痴]≫とは、愚癡(ぐち)。無知


グチをこぼす、なんて言いますけど、一般的には、泣き言・うらみつらみ ・ 不平不満ということでしょうけど、こころの迷い

真理を知らないから、道理が分からず、苦しみ迷う。


例えば、九州に住んでいる小さい子供が、【はじめてのおつかい】に北海道に言って「白い恋人」を買ってきて。なんてお願いされても不可能に近いですよね。

行き方も分からないし、そもそも北海道がどこにあるかもわからない子供だったら、パニックで泣いてしまう

でも、分かっている人は、どうってことありません。飛行機で北海道の空港まで行けば置いてあります。

迷うこともないし、グチをこぼす必要もありません。




欲望のおもむくまま、自分さえ良ければいいという自分勝手な生き方が、このにおされている証拠です。


現代の生き方そのものですね・・・もうやだ〜(悲しい顔)




『愛と希望と勇気の日』


自分を律して素直な毎日を送りましょう。

posted by どうざん at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

えんま大王

昨日は、小正月(こしょうがつ)。正月飾りを焼く『どんど焼き』が各地で行われたようですね。

地方によって呼び名も違うようですが、全国各地での習俗みたいです。


全国的には、『どんど』が共通みたいですが・・・

詳しくは・・・NPO法人地域資料デジタル化研究会チェックしてください。


正確には、≪左義長(三毬杖・さぎちょう)≫という、小正月に行われる火祭行事だそうだ。



なぜ『左義長』というのか??



実は、わからないらしい。たらーっ(汗)



いろんな説があるらしいんですが、どうして『左義長』と書くのかは、不明。

でも、『三毬杖』とも書くことから、平安時代宮中行事に、「毬杖(ぎっちょう)」という、貴族の正月遊びからきているとか。


杖で毬をホッケーのように打ち合う遊びがあり、小正月(1月15日)に宮中で、清涼殿の東庭で青竹を束ねて立て毬杖3本を結び、その上に扇子や短冊などを添え、陰陽師が謡いはやしながらこれを焼いて、その年の吉凶などを占ったとされているる行事があった。


毬杖3本を結ぶことから「三毬杖(さぎちょう)」と呼ばれていたんだそうです。




そうそう、これは、15日のお話なんで、16日のお話を。


きょうは、『初閻魔』とか『閻魔賽日(えんまさいにち)』と言われる日です。


これは、地獄でずっと煮えたぎってきた釜の蓋を開けて火を落とし、閻魔王亡者(地獄に行った方々)もお休みの日



地獄の祝日



閻魔大王のお休みは、年2回

1月16日7月16日



お寺なんかにある地獄相変図を拝んだり、閻魔堂に参詣したりします。
(地方によっては、なじみがない所も・・・)




閻魔様は、『閻魔大王』とか『閻魔王』とか言いますが、仏教では、『毘沙門天』『大黒天』寅さんで有名な『帝釈天』なんかと同じ天界の方で、『閻魔天』とも言います。


元々は、古代インドバラモン教の神『夜摩天(やまてん)』が仏教に採り入れられたもので、死者を裁く冥界の王


仏像を見ると、よく分かりますが、とくに『閻魔王』は、中国の影響が強いです。

なぜかと言いますと、身につけている服が道教道服を着ていらっしゃる。中国の道教の影響が強いことを表しています。


12月17日にも書きましたが、日本の文化は、あらゆる宗教(道教、儒教など)の影響が、当たり前に存在しています。



日本人のいろんな宗教受け入れられるという寛大さ。



一神教『キリスト教』『イスラム教』には、ほとんど考えられないこと。



日本人のように、世界中の人たちが考えられるようになると・・・


きっとこの世が≪天国≫≪極楽≫になるんだろうなぁ。

ラベル:どんど焼き 閻魔
posted by どうざん at 22:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。