2013年10月09日

お釈迦さまものがたり[番外編10]《肉体【物質】と心【精神】1》

コムラサキ(小紫)
PA090311.JPG
玄関先にて撮影。


かなり久しぶりの更新となりました。たらーっ(汗)


言い訳ですが・・・あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


8、9月は、忙しく過ごさせて頂いておりました。exclamation


仕込みに追われ大変でしたが、実にありがたいことです。わーい(嬉しい顔)


前回、お釈迦さまが

「人間が持つ心というものは、まさに不思議なものである」

と、あらためて気づかれました。

お釈迦さまはこれにより、

肉体を中心とした修行法から

心を中心とした修行法

大きくシフトされていきます。


肉体【物質】から心【精神】

ということで、今回は

物質精神

というところにひらめきスポットひらめきを当ててみたいと思います。


私たちが存在しているこの世の中は、

【物質】【精神】
 (色)    (心)

という両世界から成り立つものであります。
  (色心の不二一体)


まず、物質というものですが、

これはどうしても個体粒子が荒くて、不安定なものです。

何故、不安定なものと言えるのかと申しますと・・・

この世の中に存在するどんな物質(生物や鉱物など)であろうと、


必ず変化します。
(もちろん物質によって時間差がありますが・・・)


永続的《今》の状態を維持し続けることはできません。


私たちが、物質安定しているかのようにみえるのは、

一定の期間しか見ていない(見ようとしていない)だけであって、

実際は、常に変化し続け、永久に一定であり続けることがない、

要するに安定することができないのです。

ですから、

物質不安定である≫

と言えるのです。

そして、

私たちが、こうした不安定固体的物質波動によって、


大きく影響がされ攪乱もされてしまうものがあります。

それが、


精神をつかさどる心的領域の世界



どういうことか、その典型はと言いますと・・・








ここで、次回exclamation
数日中に更新しますので、ご安心くださいわーい(嬉しい顔)


posted by どうざん at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お釈迦さまものがたり[番外編] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。