2013年08月10日

お釈迦さまものがたり[30]《心と煩悩》

ヤエザキオオハンゴンソウ(八重咲き大反魂草)
IMG_20130809_124506.jpg
スゴい名前・・・


暑いですね〜ふらふら


でも、

動真庵では、まだなんとかクーラーいらずで過ごせてますよ。わーい(嬉しい顔)



先日の夜中、動真庵の裏でゴトゴトと物音・・・

そして、聞きなれない鳴き声が・・・がく〜(落胆した顔)



こんな時間にダレだーexclamation&questionっと、パシャリカメラ



IMG_20130729_015437.jpg
ピント合ってませんあせあせ(飛び散る汗)

アナグマ君たちでした。


写真には写ってませんが、2匹でゴソゴソ・・・


しばらくしたら、のそのそと去っていきました。



それでは、お久しぶりの続きです。



数ヶ月前のカピラ出城時、


父王シュット・ダーナーは


ゴータマの身辺警護・情報提供・食料の補給などの任務にと、


コースタニア

アサジ

マーハー・ナーマン(ゴータマの従弟)

バティーヤー

ウッパカ


からなる五人の体力・武力の優れた若者にそれを命じたのですが、


彼ら五人はいつの日か修行者となって、


ゴータマとをともにするようになります。


いっときゴータマはそれを許さなかったけれど、


何日かしてから彼ら五人は、


ゴータマの修行の邪魔は一切しないという条件付で、


また自分たちも自らの意思


サロモン(修行僧)となって修行をするということで、


ゴータマは暗黙裡のうちに彼らを弟子のようにしていきます。


自分の身からを離して寝(やす)んだことのなかった

彼ら武者達もすっかりと修行者らしくなり、

もうここでは夜陰にまぎれて外敵に襲われ

寝首をかかれることも身を構える必要もなくなり、

今は刀や槍は捨て、


人を信ずることができるようになっていくのです。


これは何ものにも勝る心の安らぎでありました。


彼らとは道を求めるという共通の目的があったので、

友ともなってゴータマを励ましてくれるようにもなりました。 

ときおりゴータマは夜中にめざめ、

彼ら五人の寝所をみて歩くことがあった。

寝所とはいっても、もちろん野外であります。

焚き火の周囲に五人が五人とも安らかに寝入っている。


「これでいいのだ……」


ゴータマは過ぎたカピラに想いを馳せながら、

そうつぶやくのでありました。


しかし夜中、

ありし日のカピラに想いを向けると、

妻ヤショダラや愛妾ゴーパたちの顔が浮かんできます。

彼女らはゴータマの心の中で微笑みかけてくるのです。

するとこちらもそれに引き込まれ、

過ぎし日の生活が様々によみがえり、

煩悩の焔(ほのお)メラメラと燃え上がってきます。

しばしその中に耽溺して・・・


ハッがく〜(落胆した顔)と我にかえる。


「いけない――」


思わず、自分のムチを打つのです。
 

追憶を楽しむ心の弱さに、

ゴータマは自分で自分を恥じていた。


カピラ出城の目的は何であったのかexclamation


妻ヤショダラや子ラフラを、

そして一国まで捨てたその願い
は、



一切の煩悩を断ち切り、

人間の迷いを解く
exclamation×2



それによって解脱ができた道を得て

それを人々に教えさとす・・・



それにあったのではないかexclamation


五人のかつての武者たちを見て、

ついカピラの様々な情景が浮かんでくるようでは、

これから先の道程はまことに険しいといわざるを得ません。


ゴータマは己の心の弱さに、


その心の弱さが一体どこから来るものか


立ち止まって、己自身を見つめるのでありました。


それと同時に、人間が持つ煩悩というものが、

斯くも根強く心の中に食い込んでいるものか、

決してそれは姿・形には現れずとも、

に触れることによって

それが心の中の想念となって現象化し、

しかも知らぬ間に一人歩きをして動き出し、

あたかもそれが現実の如くよみがえって真に迫ってくる。


人間が持つ心というものは、

まさに不思議なものであるものぞ
と、

あらためてゴータマは気づかされる次第でありました。



ゴータマ・シッタルダ(お釈迦様)も人間だったんです。

煩悩の焔(ほのお)メラメラと・・・

私たちと同じなんですよね。


posted by どうざん at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お釈迦様ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。