2013年03月29日

お釈迦さまものがたり[番外編8]《あの世とこの世3(実在界)》

すいせん
IMG_20130321_160032.jpg
なんという種類かは、わかりませんあせあせ(飛び散る汗)

誰か教えてくださいexclamation



次は、あの世「実在界」についてですね。


この世「現象界」よりも難しいかもexclamation&questionですがたらーっ(汗)


まずは、その言葉の定義から始めましょうるんるん


ここでいう「実在」とは、


文字の通り「実際に在ること」ですが、


これをもっと言えば・・・


五感によって知覚されるものを乗り超えて、

その奥に在る本質的な真の存在といえるべきもの



これを「実在」というのです。 


かつてギリシャのプラトンは、

こうした「実在」イデアである。

と言っています。


すなわちそれは、


超感覚的価値として価値判断の基準となるべき永遠不変の実在であるといい、

物質現象を乗り超えた世界私達・心の中にある真実なるもの



としてこれをとらえました。


またドイツ弁証法哲学者ヘーゲルはこうした「実在」


精神の自己客観化としてとらえ、


実在と観念の統一を主張したわけでありますが、


プラトンと同じような意味を持たせ、


私達が持つ

「心の中に在る真実なる世界=宇宙的理性もしくは神」


それが「実在」であるとしました。


どんなに思念を凝らし疑いをかけても、

それが客観的に在って、

常に自分とともに付き纏(まと)い、

しかも安定的・永続的に存在し続けていくもの



それが「実在」であるのです。 



それはちょうど、

自分の心の中で 


心の存在って、有るの?無いの?


を推し量っているようなものですから、


それは疑いようがない事実となって在るべきものとなります。



こうした意味で、


「現象」に対比されるべき「実在」とは、


「物質を乗り超えた精神・心」


をいうことがわかります。


・・・ちょっと難しかったと思いますがたらーっ(汗)


「現象界」と対比されるべき「実在界」について、


このような哲学的にではなく、


もっとはっきりと実態的にこれを説明してみますと・・・


「現象界」とは、


常に生起・変化・変滅が繰り返され、

イットキたりとも同じものを保存させることができない、

不安定でギゴチない現われによってすべてが支配されている世界


ということでありました。 


その根底には、


この世界を形づくっている原形・基本因子が、

とても粗雑で波動が荒い物質原子によって

成り立っている
ことに由来がされます。


しかし、一体


この物質を成り立たせているものは何なのか?


気になりませんか?


科学的に証明されていることでいえば・・・


原子自体は、原子核電子で成り立ってます。 

原子核は、陽子中性子の集まり。

そして、陽子中性子クォーク(素粒子)で構成されているのでは

※素粒子で記憶に新しいものは、「神の粒子」と言われている、万物に質量を与えたとされるヒッグス粒子。発見の可能性exclamationと発表されただけで、未だ発見されていません。あせあせ(飛び散る汗)

現代科学ではここまでなんですよね。



これらの根本となるもの。


それは物質原子よりもっともっと遥か微細な何か・・・


『お釈迦さまものがたり』で徐々に明らかにされていきますexclamation×2



乞うご期待exclamation


こちらもよろしくわーい(嬉しい顔)《104ページ目に掲載》
※前回発売されて半年で完売した
Oita Cafe Style 2013
IMG_20130327_200125.jpg


posted by どうざん at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お釈迦さまものがたり[番外編] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。