2013年03月08日

お釈迦さまものがたり[23]《アララ・カラマー仙人の瞑想修行法2》

最近は、とても暖かくなりましたねわーい(嬉しい顔)


動真庵では、がようやく数輪咲き始めました。


もうちょっと咲いたら、アップしますグッド(上向き矢印)


なので今日は、「アオキ」
IMG_20130308_152322.jpg



前回からの続きです。


自分自身を思わないという


この「非想の境地」すらも超越した、


まさに外界からも心のうちからも何も感じることがない


絶対無の境地にまで完全到達していくことになる。


これを



「非非想の境地」


すなわち


「絶対無の境地」



といい、ここで初めて解脱・悟りというものが得られることになるとするのである。




これこそがexclamation×2


終極の第九段階


すなわち



ぴかぴか(新しい)仏陀の瞑想境地ぴかぴか(新しい)



といえるものであるexclamation×2


とします。



・・・が、しかし・・・exclamation



アララ・カラマー仙人から言わせると、



ここにまで到達ができた者は、


自分自身を含め・・・



未だ一人もいない・・・


というのであります。あせあせ(飛び散る汗)


exclamation&question


そんなバカながく〜(落胆した顔)


という感じですが・・・


こうした第九段階にまで至る瞑想法は、


故(ゆえ)なくして出来上がっているわけではありません。


それ自身は、



数百年来にわたるバラモン・ヨガ行者による

実践積み重ねという試行錯誤があって、

徐々に構築されていった体系的な瞑想法であること



を是非とも知っておいて下さい。 




で、そこで気になるのが・・・




ゴータマ・シッタルダ(お釈迦様)の場合は



ということですよね。




アララ・カラマー仙人のような



「無の意識境地」でなく、



過去の意識想念に対しての


厳しい懺悔・反省を修したうえでの



「清らかな意識境地」



になることに主眼を置いた


禅定瞑想をとられました。



お釈迦様自らの独自な意識境地を求めるため、



九つからなる段階に分けて禅定瞑想を順次に積み重ね、



もって


ぴかぴか(新しい)悟ること(仏陀となる)ぴかぴか(新しい)


ができたわけであります。 


はい、ここで何故九段階にも瞑想法が分けられ、

何故第九段階に到って悟りそのものが得られるのか??





それはですね・・・




・・・の前に、




まずは、

私たちの心の世界この世あの世の関係性を知らなければなりません。






ですので、次回は、そのあたりを書いていこうかな・・・


posted by どうざん at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お釈迦様ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。