2013年02月12日

お釈迦さまものがたり[16]《煩悩》

お釈迦さまものがたりを連続で書いてますが、


動真庵には、手塚治虫さんが書かれた『ブッダ』もありますよ。

IMG_20130212_154714.jpg


それから、1月19日にテレビ大分放送の『ハロー大分』での動真庵です。
http://www.youtube.com/watch?v=1PuxgTUFxqI
喫茶去Cafe 動真庵 【ハロー大分編】




それでは、続きです。



今回もヴァックーバー仙人


ヴァックーバー仙人は、


この世にて肉体苦行をすれば煩悩はなくなると言います。



これって本当に、そうなんでしょうか?



苦行によってボロボロになった肉体からは、


確かに一部煩悩は抑えられることにはなるでしょう。


そのうえ、他の人間とは違い、


苦行を積んだ人間というのは、


我慢忍耐には、特に優れた面があるでしょうから、


足ることがある程度知れて、


煩悩コントロールすることなど一部できるでしょう。 



しか〜しexclamation



煩悩というものそれ自体は、


どんな状態に置かれたとしても、


それが全く無くなるということは・・・



まずあり得ませんexclamation×2(キッパリ)



なぜならば・・・



人間が生きていく以上


「現実」と、

こうあってもらいたいとする「願望」との間には、


必ずといっていいほど、その間に隔たりができてしまう



それが人生の常であり、


その隔たりから・・・


要するに、それらギャップから、


まさにここでの「煩悩」が生まれてくるといえるからである。 



つまり、


ボロボロとなった肉体「現実」で、


それと「願望」とが仮に均衡されていたとしても、



「願望」



それ自体は肉体とは全く別次元にある



「心の領域」



独自に一人歩きをして作られていくものであるということ、




ヴァックーバー仙人はそれを見落としているのではなかろうか。



そして、


「現実」は現実としてもちょっとした心変わり


「願望」が変化すれば、


「現実」「願望」との間にギャップが生まれてしまい、


そこで即、


煩悩が生ずることになるのである。



つまり、煩悩とは・・・



「現実」肉体



「願望」


との間のギャップ



から生ずるものであり、


そこではまさに「心」の動きいかんでどうにでもなるということ、


それこそ、正しく押さえなくてはならないものである。



そこで肉体とは全く別次元

「心の領域」で作られていくことになる


各種煩悩程よく抑えていけるようになるためには、


「心」の鍛錬こそ


していかなくてはならなくなる。 


だからこそ、


修行とは・・・


肉体ばかりでなく、



に対しても修されていかなくてはならないもの。



というより、



この「心」にこそexclamation



かわいい向けられ、修されていくべきものかわいい



ということなのではないでしょうかね。


posted by どうざん at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お釈迦様ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。