2013年01月29日

お釈迦さまものがたり[13]《心と神仏》

ここ二日ほどは、とても晴れ天気晴れがよく


ぽっかぽかですわーい(嬉しい顔)

陽だまり
IMG_20130129_150003.jpg



さて、お釈迦さまですが・・・



カピラの城を出て、もう数ヶ月が経ち、


サロモンとしての修行がすっかり板についてきたゴータマ。


出家の出発点はさきの


ヴァックーバー仙の修行場


それを皮切りに


東南方向に向かい、ガンダク河流域にあるバッチ国の首都


ヴェッサリー


ゴグラ河上流に向かっての西北方に位置する大国コーサラの都


シラバスティー


そしてゴグラ河下流に降りてガンジス大河との合流地点
その東南方に位置する大国マガダの都


ラジャグリハ


またガンジス河を西に上ってカッシー国


パラナッシー


と……各地を点々と遊行します。


そしてまた東方マガダ国へと下り、


彼にとって一番気に入った修行地であるとされる


ガヤダナ(ラジャグリハの西南)


に落ち着くことになります。


ゴータマは、ガヤダナの地をこよなく愛し



悟るまではこの地を離れまい



堅く心に決意したとされ、


事実その6年後、彼はこの地で悟ることができたことになります。


彼が各地を遍歴したそもそもの理由は、


師と仰ぐ導師を求めたからでありました。


だが、これだけ精力的に中インド各地に足を運ばせ、


「これぞexclamation


と思われる人物を求めたわけですが・・・


そうした導師には一人としてめぐり会うことはできなかったといわれます。 






私たちによくあることですが、


こんな時って・・・


気ばかりが馳せるだけで、遇うべきチャンスがやって来ずふらふら


いつしか高い高い志が消沈してしまう・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)





でもゴータマはそんな弱腰ではなかったのですexclamation×2


畏れ多くもお釈迦様ともあろうお方です。


それとは知らずとも、



「こうなんだexclamationこうしなさいexclamation



と、それこそこんなときに・・・



ぴかぴか(新しい)光きらめく守護・指導霊方々ぴかぴか(新しい)


ゴータマ自身の心の中にある


無意識層(潜在意識)から


物凄い力でゴータマに働きかけていたのであったのではないでしょうか。



そうexclamation私達の心の中には誰にでも、


私達自身をあの世から見守ってくれている専任の担当官ともいえるべき方々が居るんです。



それを守護霊といいます。



また、この守護霊だけでは処理できない問題が起きたとき、


あの世(霊界)でもさらに上段階に居る専門スペシャリストである



指導霊がそのつど手助けしてくれもいたします。


ただ、彼ら指導霊は常時手助けしてくれるとは限りません。


彼らは諸天善神とか光の天使級の方々であって、
それこそ多く人達を導く役割を担うからです。
※ここでの光の天使とは、光の世界、いわゆる神仏の世界、天界からの使いと理解して頂ければよろしいかと思います。


そして、


守護霊指導霊といわれる方々は、


私という心の中に居るということを、


是非知っていただきたいのです。 


神社仏閣や御墓参りも大変結構なことですが、


神様や仏様という方々は、



実は・・・



私達の心の中に居るということなんです。




さて、次回ですが・・・



一体、守護霊とはなんぞや??



でお送りしますexclamation


お楽しみにわーい(嬉しい顔)


posted by どうざん at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お釈迦様ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。