2013年01月09日

お釈迦さまものがたり[10]《理由》

実は、8日に取材がありました。


何の取材かと言いますと・・・



「TOS テレビ大分」さん。



毎週土曜日 あさ9時55分から放送している


『ハロー大分』の取材でした。



来て下さったのは、大分の方はご存知大野タカシさん。


そして、カメラさんと大野さんと私。
2013_01_08_17_17_13.jpg


そうそう、TV放送日TVはというと、


1月19日(土)午前9時55分からです。


お見逃しなくexclamation×2
(ちょっとしか出ないかもしれませんが・・・)




ということで、「お釈迦さまものがたり」の続きを・・・




ここで、ゴータマ・シッタルダ(お釈迦様)が、


出家をして出城を決意させた根本の理由


を整理してみます。


 
第一母親マヤの死がありました。


それによってゴータマの気持ち次第によじれてきます。


 
第二にカピラ城内・城外において極端な身分・貧富の格差があったこと。


世の不平等・不公正を強く感じとります。


 
第三相次ぐ戦乱に対しての極度な厭世感


生死無情について考えさせられていきます。


 
第四には、実はゴータマには異母兄弟がいたということです。


養母マハ・パジャパティーには父王との間に

ナンダという弟が生まれていたのです。


当然、王位継承の問題弟ナンダとの間に起きてきます。


それがこじれていくと、城内において醜い派閥権力闘争が生じ、


敵国コーサラによる分断攻略にはまれば、


カピラ城など崩落は眼に見えてきます。


そんなことはあってはならぬと、敢えてゴータマは出城を決意して王位継承から身を引いたのです。



第五には、妻ヤショダラを中心とする女性同士間の嫉妬・軋轢が頻繁にあったということです。 




「生老病死」という仏教が掲げる基本命題


これは上記五つの問題を起点にして現れ出てきたものであり、


もしもゴータマ自身の身辺にこのような原因が起きてこなければ、


「人間とは何か」などという疑いすら抱くことなく


平凡な一生を終えたでありましょう。 



極端に言えば、仏教などこの世の中に生まれてこなかったかもしれません。 



このため、ゴータマの苦悩と出城の決意は、



父王シュット・ダーナーが考えていたほど、



甘いものではなかったのであるということです。



お釈迦さまというお方は、私たち凡人では考えられないくらい


がく〜(落胆した顔)超ハードな環境がく〜(落胆した顔)に生まれてこれれたということですね。


もし自分がその環境であったならば・・・



たっ、耐えられるかな・・・あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


posted by どうざん at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お釈迦様ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。