2012年03月23日

ゆめ

お彼岸の期間中に、中山康直さんの講演会に行ってきました。


実は、この方の講演会、初めての参加です。



知らない方のためにどんな人なのかと言いますと・・・



去年の12月始めに、ニュースが一斉に流れました。



『ダジャレ好きの大麻教祖さま逮捕』




大麻取締法違反で警視庁組織犯罪対策5課と大島署に逮捕されました。




これだけで見ると『麻薬関係の犯罪者』です。




しかしexclamation




よく調べてみると、この方は、


1997年に静岡県で、『大麻栽培者免許』を取得してから6年間、大麻取扱者として産業用大麻の調査研究を行っていました。



この『大麻栽培者免許』は、都道府県で申請し許可されるそうで・・・



場所を変えて伊豆大島(東京都)で栽培者免許を取得するため免許をいったん静岡県に返納



返納すれば、要するに『無免許状態』



ですが、産業用大麻の種子がなければ調査研究を続けられないため、必要最小限の範囲で種子を保存するために大麻を所持。



東京都が許可を出さない。



不法所持

 

逮捕



最近よく話題&問題になりつつある検察のシナリオ通りってやつですね。


今回、中山さんは、理由なく許可を出さなかった東京都相手に裁判を起こしたそうです。


くわしくは、こちらに詳細があります。クリック




『大麻』でイメージするものは、ほとんどの人が『麻薬』だと思います。



辞書で調べてみて下さい



最初になにが書かれているか。




【伊勢神宮などで授ける神符】



の類です。



日本で『大麻』とは、歴史が古く、伝統的なものと分かります。




伝統を重んじる日本人がなぜexclamation&question





《大麻取締法》は、戦後GHQによりもたらされました。




ちなみに、呼び名ですが・・・


日  本・・・大麻

アメリカ・・・ヘンプ

メキシコ・・・マリファナ


だそうです。



アメリカで出来た法律は、メキシコから来たマリファナの取り締まりだったそうで・・・



どうやら、この法律が出来た後、マリファナとヘンプが同じ品種ということが判明したそうです。



もちろん産業や医療で使われていたヘンプもマリファナと同じ品種ですので禁止。




実は、それまでアメリカでは、ヘンプでいろんなものが作れる夢の植物として、国が推進していました。




いろんなものとは、現在の石油原料でできるもの(プラスチックなどのありとあらゆる科学製品)。




でも、よく調べてみると、アメリカの石油関係の会社伸び悩んでいたが、この法律を境に、一気に伸びていく。



ここにで、2通りの考え方ができます。



1.取締の法律によって、石油製品が自然と伸びていった。

2.取締の法律を作ることによって、石油を伸びさせた。




どうも法律をつくる政治家を企業が取り込み、自社に有利な法律を作らせたんじゃなかろうかと。





そう考えたほうが、自然な感じがする・・・






ここで申し上げたいのは、政治家、メディア、マスコミなどにも支援者(スポンサー)がいるということ。




プロパガンダ。




戦時中じゃあるまいし、時代錯誤ではないかと思うあなたexclamation×2




思想や世論、意識や行動の誘導は、気付かない(気付けない)ように行われます。



分かりやすいのが、宗教ですかね。



盲信です。





スポンサーに不利益なことは、ほとんど伝えません。(たとえNHKといえども、言わば国がスポンサー)



今でいえば、政治がそうですね。



野田総理は、与党になる前の選挙演説で、



「まずはシロアリ(官僚天下り)の駆除が先決だ!」



なんて発言されてましたが、今は一体改革なんておっしゃっておりまして、



「それよりも、消費税増税が先」



だそうです。



報道は、民主党のマニフェスト不履行選挙演説のことなんかは、無視しているかのようです。


野田総理、与党になる前の選挙演説動画





脱線しました・・・・・


『大麻』ですが、医療用が厳格に禁止されているのは・・・


日本、韓国、中国だけ。


産業用にいたっては日本とアメリカだけ



他国は、研究や利用が進んでます。



産業用のところが大事。



石油製品は、地球を汚してきました。




植物製品が安く出回れば、誰だって地球に優しい方を選択します。



そうすると、困る人たちが出てきます。




だれなのか?




製品を作る人たちは、原料が変わるだけ。そう影響はないでしょうが・・・




要するに、石油という原料を扱う人たちですね。





なぜ、地球に優しい自然エネルギーがなかなか推進されず研究開発が進まないのか。




『夢のエネルギー』



『夢の・・・』がつくと、なんだか明るい未来が待っている!期待希望を持ちますが・・・




同時に実現が困難なかなか期待通りには無理!という観念を持ちます。



そういうものだ、という固定観念





世界中で起きている石油や原子力、放射能などのエネルギー関係の問題で皆、右往左往しています。





陰謀論的に考えると(笑)、石油中心の支配により自然エネルギーは、効率よく安定的な発電は無理なんだとすり込まれていて・・・




実は・・・・・






ノープロブレムるんるん



問題ナッシングるんるんるんるん







なんてことであれば、いいなと思う今日この頃。


そうそう、中山さんですが、刑事さんとは、かわいいお友達かわいいになったとか。


posted by どうざん at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。