2012年01月16日

えんま大王

昨日は、小正月(こしょうがつ)。正月飾りを焼く『どんど焼き』が各地で行われたようですね。

地方によって呼び名も違うようですが、全国各地での習俗みたいです。


全国的には、『どんど』が共通みたいですが・・・

詳しくは・・・NPO法人地域資料デジタル化研究会チェックしてください。


正確には、≪左義長(三毬杖・さぎちょう)≫という、小正月に行われる火祭行事だそうだ。



なぜ『左義長』というのか??



実は、わからないらしい。たらーっ(汗)



いろんな説があるらしいんですが、どうして『左義長』と書くのかは、不明。

でも、『三毬杖』とも書くことから、平安時代宮中行事に、「毬杖(ぎっちょう)」という、貴族の正月遊びからきているとか。


杖で毬をホッケーのように打ち合う遊びがあり、小正月(1月15日)に宮中で、清涼殿の東庭で青竹を束ねて立て毬杖3本を結び、その上に扇子や短冊などを添え、陰陽師が謡いはやしながらこれを焼いて、その年の吉凶などを占ったとされているる行事があった。


毬杖3本を結ぶことから「三毬杖(さぎちょう)」と呼ばれていたんだそうです。




そうそう、これは、15日のお話なんで、16日のお話を。


きょうは、『初閻魔』とか『閻魔賽日(えんまさいにち)』と言われる日です。


これは、地獄でずっと煮えたぎってきた釜の蓋を開けて火を落とし、閻魔王亡者(地獄に行った方々)もお休みの日



地獄の祝日



閻魔大王のお休みは、年2回

1月16日7月16日



お寺なんかにある地獄相変図を拝んだり、閻魔堂に参詣したりします。
(地方によっては、なじみがない所も・・・)




閻魔様は、『閻魔大王』とか『閻魔王』とか言いますが、仏教では、『毘沙門天』『大黒天』寅さんで有名な『帝釈天』なんかと同じ天界の方で、『閻魔天』とも言います。


元々は、古代インドバラモン教の神『夜摩天(やまてん)』が仏教に採り入れられたもので、死者を裁く冥界の王


仏像を見ると、よく分かりますが、とくに『閻魔王』は、中国の影響が強いです。

なぜかと言いますと、身につけている服が道教道服を着ていらっしゃる。中国の道教の影響が強いことを表しています。


12月17日にも書きましたが、日本の文化は、あらゆる宗教(道教、儒教など)の影響が、当たり前に存在しています。



日本人のいろんな宗教受け入れられるという寛大さ。



一神教『キリスト教』『イスラム教』には、ほとんど考えられないこと。



日本人のように、世界中の人たちが考えられるようになると・・・


きっとこの世が≪天国≫≪極楽≫になるんだろうなぁ。



ラベル:どんど焼き 閻魔
posted by どうざん at 22:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。