2011年12月30日

宗教って・・・

早いもので、あと2日ですよ、今年も・・・

で、こんなニュースが入ってきました。


イエス・キリスト生誕の地とされるヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ベツレヘムにある聖誕教会で28日、ギリシア正教会とアルメニア正教会の司祭約100人が乱闘となり、警察が介入する騒ぎとなった。AP通信が伝えた。

司祭たちは1月7日の正教会のクリスマスを前に、教会内のそれぞれの敷地を清掃。相手の敷地に侵入したことで口論となり、ほうきを振り回してのけんかに発展したという。大けがをした人はいなかった。





なんだか、ため息がでる出来事です・・・バッド(下向き矢印)


この誕生の地とは、聖墳墓教会(せいふんぼきょうかい)といいまして、エルサレム旧市街(東エルサレム)にあるキリストの墓とされる場所に建つ教会です。

新約聖書において、イエス・キリストが十字架に磔にされたとされる『ゴルゴタの丘』は、この場所にあったとされているそうです。

要するに、中東地域の教会の中心聖地であって、カトリック教会、ギリシア正教会、アルメニア正教会などが共同管理していて、毎日どこかの教派がミサや礼儀などの行事を行っています。


聖職にある方々が、敷地に、入った入らないで、ほうきまで振り回し、けんか・・・

司祭であれ、人間なわけですから、怒る気持ちは分からなくもないですが・・・

私は、宗教とは『愛』『平和』を掲げ、先頭にたって実践していくものと考えていますので、じつに悲しいお知らせでした。

どうやら、1回や2回ではなさそうなので、ココロが痛みます。




ちなみに、『正教会』から別れたのが『カトリック教会』で、職名が<司祭>、そして「神父」と呼びます。

もう一方が『プロテスタント』で、司祭ではなく<牧師>「先生」と呼びます。




『カトリック教会』は基本的に、帯妻できません。※例外もある。


では、『正教会』はというと・・・

もちろん<司祭>はできませんが、司祭の一つ手前に<輔祭>(ほさい)であれば、妻帯はできます。※輔祭とは、司祭の補佐です。


一方『プロテスタント』は、キリスト教徒は皆<司祭>であるという教理のもと、聖職者という役割が存在しないので、教職者<牧師>妻帯できます。だから「先生」と呼ぶんですね。



仏教でいえば、『正教会』『カトリック教会』が、東南アジア中心の上座部仏教(小乗仏教)

『プロテスタント』が、日本などの大乗仏教と考えていただいてもいいかも。





いや〜、こうやって考えると宗教って・・・ややこしい。ホントに・・・




元々は、キリスト教だってイエス・キリストから始まったものだから、1つだったはず。

仏教だって、お釈迦さまから始まったんだから、1つだったはず。




人間は、身勝手な生き物。


自分たちの都合利益執着してしまう。


ご覧のとおり、現在までに神や仏に仕えてきた人たちでさえ・・・



こういう時代だからこそ、


『愛』の心。
≪そべての存在を許し、互いに助け合い・愛し合い・いたわり合い・連携し合う心≫

『慈悲』の心。
≪何も見返りなど求めずに他へと捧げ、慈しみ、かばい立て、他の悲しみや苦しみを取り除いてやろうとする、自己を滅却し広い豊かな心≫

『調和』された心。 
≪慈悲の心と愛の心とが結び合った当然の結果として、ゆがみも不足も無理も軋轢も妥協なども一切なく、すべてが円満・闊達・満ち足り、さらなる進歩向上がされてゆける心≫


が必要です。


今は、はっきり言えばこれらとは逆ですよね。(特に、政府・原発関連とか・・・)




個々がつながり、すべてが互いに進化し高め合えるような世の中になりますように。


posted by どうざん at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。