2011年12月27日

割れ石

一週間ほど前に、国東に住んでいる友人宅(私は、初めてでしたが・・・)に遊びに行きました。

そこの近くにある巨石です。
IMAG0025.jpg
かなり大きいです・・・

KUNISACHI'Iというホームページも作ってらっしゃいます。



東京から大分県に移住された方で、田舎暮らしをされています。

私も、庵(お寺)を創るべく奮闘中なため、なにかヒントとなることがあるのではないか?と思いながらの訪問でした。

写真はありませんが、そこには≪薪ストーブ≫が設置されていましたが、まだがついていない。

そこで、私がをつけさせていただきました。



いい!


≪薪ストーブ≫最高です!!



私が創るところには、囲炉裏がほしいと思っていましたが、≪薪ストーブ≫必要と確信exclamation&questionしました。


奥様と色々お話をしていると、旦那さん(通称たつさん)も帰ってらっしゃいまして、またまた色々とお話をさせていただきました。

たつさんは、ヒーラーをされていることもあるのか、ものすごくエネルギーが溢れている方だと感じましたね。


まさに、たつさんこと、木盛龍彦さんは「心に蓋なし」って感じの人です。




ほとんどの人は、「蓋」をしてしまってます。

要するに、「臭い物に蓋」です。

良く見せようと取り繕うんです。

それは、自分をぴかぴか(新しい)立派ぴかぴか(新しい)に見せようと体裁をととのえるため。


でも、そこには実質的な意味はもたない。


『飾り』です。


飾りのない生き方。


なかなかできるものでは、ありません。


私たちの言う≪苦しみ≫は、どこから生まれるのか。




『飾り』もその一つ。




「何」が良くなるように、飾るのか?



「何」の範囲によって変わってきます。




自分自身なのか、世の中なのか。






お菓子やら食事やら、色々頂きました。

お土産までexclamation×2


ありがたいことです。


ご縁あっての出会いです。


意味あるものにしたいですね。


posted by どうざん at 17:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。