2011年12月14日

温暖化

カナダ政府が、温室効果ガス排出削減の枠組み「京都議定書」から脱退表明しました。
日本とロシアも続く可能性があるとか。



そもそも、排出量でいえば世界でトップは、ダントツ中国アメリカ
ちなみに、日本は中国やアメリカの5分の1程度・・・(5位)
さらに、カナダは日本の2分の1・・・(7位)




・・・で、中国は「国際社会の努力に反しており、遺憾だ」とカナダを非難しているみたい。




だいたい、日本の5倍もの排出量がある第2位のアメリカは、この枠組みに参加してないわけだし、批判している中国もじつは・・・・


「発展途上国」として、条約上の排出削減義務が免除される特権あり。



悲しいことに、一番排出しているところが、削減しなくてもよい、ということ。
ただし、枠組みに参加してるので中国は努力しないといけません。



そして、枠組みに参加している、これまでの経済成長でたくさん排出してきたであろう「先進国」の国々は排出枠が決められ、超える分を「排出権取引」で、経済成長がまだまだで、排出量が少ないであろう「発展途上国」から買わなければなりません。


つまり、「発展途上国」「先進国」「排出権」を売れる!



環境の問題金融の問題になっている。




なんだか、おかしいと思いません?



地球をいたわり、いつまでもそこにあってほしい自然と人間社会が共存していくためではなかったんでしょうか。




それぞれの国により事情が違うと思いますが、国益ももちろん大切

なんで「排出権」なんていう金融商品みたいなものを作っちゃったんですかねぇ〜。

おかげで・・・それぞれの国のいやらしい部分が見え隠れするんです。



これで何が分かるかというと、本質は環境問題ではなく経済問題ということなんです。




確実に気候変動による環境問題(洪水や干ばつなど)≪地球≫で起こってるんです。




NASAによると、地球から600光年離れたところに、生命に欠かせないが液体で存在し得る惑星を、ケプラー宇宙望遠鏡による観測で確認したと5日に発表されましたね。



要するに≪地球型惑星≫の発見



そろそろ、私たちもミクロからマクロな視点をもつように意識したほうがよいのかもしれません。


個 ⇒ 国 ⇒ 地球 ⇒ 宇宙





12月14日深夜から翌15日の早朝にかけて、3大流星群のひとつと言われるぴかぴか(新しい)ふたご座流星群ぴかぴか(新しい)が見れるそうですよexclamation×2


ラベル:温暖化 宇宙 地球
posted by どうざん at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。