2011年12月10日

ランチとご縁

数日前に、食事会に誘われ行ってきました。

お邪魔した場所は、帆足本家酒造蔵にあるカフェ 桃花流水

明治時代に蔵として使われていた所を、カフェにされています。

雰囲気は、当時のものをそのまま残されているため、かなりGoodです!

今回、私が食べたのはコレ

IMAG0010.jpg


【お豆腐ドライカレーココットとチキンピタパンプレート】

(お豆腐ドライカレー旬野菜入りラザニアとチキンハム入り天然酵母ピタパン、戸次ゴボウのスープ)


いや〜、へるしぃですね。色々あったんで迷いましたわーい(嬉しい顔)(優柔不断)あせあせ(飛び散る汗)

食事の後は、スウィーツまで頂きました。
(ちなみに、バナナチョコタルト)



この会では、色々なお話を聞かせていただきました。

私たちに関して言えば、開こうとしているお寺の色々なイメージがわき、ワクワクでした。



こうした出会いもご縁


仏教でいう縁とは、『因縁』とか『縁起』のこと。


『因縁』という言葉は、一般的だと「因縁をつける」というような、言いがかり、つまり、関係ないのに関係があるがごとく、無理に理由をこじつけること。

また、『縁起』も「縁起を担ぐ」「縁起が良い、悪い」というような、風俗や習慣として使われてます。


この『因縁』『縁起』という言葉は、もともと仏教の言葉で、意味も違います。


『因縁』とは、因と縁、両方とも《原因》という意味があります。

何が違うかというと、直接間接かということです。

《原因》には、直接的要因間接的要因があり、このことによって《結果》が表れる。


これを因果応報ともいいます。


原因によって、それに応じた報いという結果が生じる。


たとえば、「いけないことをしたので、叱られて正座させられて、足が痛かった。」


「足が痛い」という結果は、直接的な原因としては、正座ですね。

そして、間接的な原因は、「いけないこと」になるわけです。


間接的な原因をつくればつくるほど、それに応じた直接的な原因結果が起こる。


これに当てはまるのは、悪いことだけではありません。


反対に、善いことも同じような原因をつくれば、それに応じた結果がやってくる。



《原因》がないところには、《結果》はない。



《結果》があるということは、どこかに《原因》がある。




太陽が昇るから朝がきて、昇れば沈み、夜がくる。



種をまくから、地より芽を出す。



どうせまくなら、善くない種よりも、善い種をあちらこちらにまきましょう!



いつかきっと、綺麗な花が咲き、立派な実がなることでしょう。


これはもう・・・ワクワクですね。


ラベル:ランチ
posted by どうざん at 21:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。