2014年07月12日

お釈迦さまものがたり[36]《心の曇り2》

駐車場に咲いていた
P6241461.JPG
小さな小さなコスモス


ここで明鏡止水とされていたゴータマの心も、

ふとしたことから急に曇ってしまいます。


つまらない言いがかりをつけてきたバラモン修行者

受ける立場にあったコースタニヤら五人との話しがされているのを、

ゴータマがにしてからのことであった。


思念とは先へ先へと発展していくもの、

今の今まで静寂だったゴータマの心

にわかに高ぶりをみせ、

平常心どころか・・・

逆に闘争心ばかりがどんどんと募ってくるようになってきたのです。


修行者が言い立ててくる話の内容たるや、


バラモン種特有の

差別意識むき出しでしかない偏見我見ばかりが随所に散りばめられ

とてもついていけるものではなかったし、

おまけに真理についての真面目な追究の姿勢

ほとんど見られず


修行者同士がする議論とはいいようがなかったからである。


「もう いい加減にしてくれ!」

とばかりに・・・ 


それは怒りの感情へと繋がってしまうのであった。 


私達人間が持つ

そのの領域としてある感情を取り乱してしまうと、

日常の正しい判断はおろか、

悟りを求める者にとっては開かせていかねばならぬ

肝心な心

完全に閉ざしてしまうのである。


人間は感情の動物だというが、

まさにその通りで、

情緒あるいは情操からなる感情領域の情況いかんによっては、

悟りへと繋がろう心の奥底へと通ずる

大切な意識想念の道の門戸

大きく塞いでしまうことになるからといえます。



それだけ人間感情というものは、

心の探究者いや求道者にとっては


重要な問題領域としてあるということであります。


次回は、「ゴータマの詰問」

お釈迦さまがバラモン修行者に厳しく問いただされます。

お楽しみにexclamation×2



posted by どうざん at 17:19| Comment(2) | TrackBack(0) | お釈迦様ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。