2014年02月10日

お釈迦さまものがたり[33]《悟りへの修行》

P2060737.JPG
ま〜最近、よく雪が降ります。
景色はきれいなんですけどね。


雨季が終わりを告げたある日のこと、

父・シュットダーナーから身辺護衛のためにと派遣はされながらも、

自らゴータマの弟子となって苦楽を共にし修行をしてきたコースタニヤら五人に対して、

ゴータマは心の中をこのように打ち明けます。


「あなた達と共に生活はしてきたものの、

結果は少しも前進しないようだ。

共同生活をするとカピラでの生活の延長にもなってしまう。

王子と家臣という関係が再び生じ、

あなた達は何かと気を使ってくれるし、

こちらもつい・・・それに乗ってしまう。

ありがたいことだが、修行はあくまでも一人でやるべきであろう。

他人の肉体的苦痛を自分が代わろうとしてもそれはできないように、

悟りもまた、独力であるはず・・・」



こう決まると、

ゴータマは一時的に彼ら五人と別れを告げ、

何らかのキッカケがつかめればと思い、

近くのガヤダナまで行きます。

そこで拝火教の一つであったフイフイ教の修行者

ワイヤリス・スタディー

という老僧に会い、話し合ってみることにした。 

たが期待とは裏腹に、


フイフイ教もヴァックーバー仙人と何ら変わらず、

肉体行一途でしかなかった。


それ以外のバラモン修行者とも積極的に会うことにして、

いろいろ話し合ってみたものの・・・


結果はみな同じ


一番の関心事であった「心の問題」については、

全く解答が得られない状態でありました。


いずれも、

悟りへと迫る理論的な組み立て・修行内容・修行方法などについては、

彼のアララ・カラマー仙人よりは劣っていることがわかり、


あらためて悟りへは自らで求めていくしかないことを

思い知らされることになったのである。 


やむなくゴータマはウルヴェラへと再び戻ることにした。

それから、五人の仲間と膝を交え、

彼らとは共に情報交換をしながら、

思う存分exclamation語り合ってみた。


彼ら五人もラジャグリハの町で多くの修行者達の説法を聞き、

生老病死の問題についてたびたび討論をしていたのである。

他の修行者達は

どんな考え方を持ち出して、

どんな修行方法を凝らし、

どこまで悟りへと近づけたか?
 


とはいえ・・・なかなか結果らしきものは得られません。


彼らもまたゴータマと同じように、

悟りは自分自身でひも解くもの、

人をあてにしてはいけないもの


との結論に至ります。


次回《金緑色の光》です。
早めに更新しますふらふら
お楽しみに


posted by どうざん at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お釈迦様ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。