2013年10月31日

お釈迦さまものがたり[番外編12]《神とは?悟りとは?》

発見exclamation×2

PA300423.JPG
直径17cmのカラカサタケexclamation
分かりやすいexclamation&questionように、きのこの上に小指大のドングリ乗せてみましたるんるん

さて、今度の日曜日ですがイベントをやりますよ。わーい(嬉しい顔)
もみじとひかりとおはなしと
イベントフライヤー.jpg
日伽理さんをお招きしてのピアノ演奏と私のお話です。
動真庵にて14時30分からですので、お時間がある方は是非!
※1ドリンクつきの1500円となっております。


では「お釈迦さまものがたり」の続きですが、今回も番外編です。

今回は、ゴータマ・シッタルダ(お釈迦様)を含め、
当時この時代においてバラモンの修行者達が求めていた


ぴかぴか(新しい)神仏あるいは神仏・悟りの境地ぴかぴか(新しい)


についてお話をしてみます。 

当時インドでは、神仏のことを梵天(ぼんてん)と呼んでおりました。

梵天とは・・・古代インド語ではバフラマン(ブラフマン、ブラフマー)といいます。

では、仏教はといいますと、


宇宙創造主とされる存在

すなわち神なる絶対者否定する立場をとるもの



として考えられておりますが、

当のお釈迦様自身の修行時代には、

常に神仏・バフラマン心を得ることを望む、

ないしは

神仏・バフラマン即自一体となるための修行
をめざしていたのです。

そうすると・・・

あくまでも修行対象は梵天に向けられていたということになり、

お釈迦様御自身は


絶対的ともいえる神なる存在


を信じ、それを求めていたことになります。


では、お釈迦様の修行対象となっていた梵天が持つの状態とは一体なんなのかといいますと・・・


如来になるための前段階ないしは如来近い心境をさすといわれます。


如来の上位にはがあるとされ、

如来とはこの神の意思に受けて、

まさにが持てる大智識を我がものとさせることができる仏法の体得者


ということになりますが、

梵天如来の補佐役となって地上界に神の智識すなわち仏法を流布させていく役が与えられているとされるのです。

ですから、梵天の心からはその智識・智慧がこんこんと湧き出てくるばかりで、乾くことを知らないといわれます。 

もちろん、ここでの神から与えられているということになるのですが、


では、人智を乗り超えた、人間には非ざる存在ということであり、

それは大自然を支配し司る大意識生命体ということになります。


人間であるかぎりは、ここでいう神になることはできません。


より具体的に、をいえば・・・


私達この世・あの世の物・心両世界を含むすべてを意味する「地水火風空」という五大

すなわち地球や太陽や宇宙そのものの姿神なるものの当体であり、

同時にそれら当体からはたらきかけていく調和を目的とした


慈悲と愛の塊りそれら大意識エネルギー 


それをといいます。 


それは、自然神ないしは十次元以上の意識世界に宿す大存在ということになります。 


ですので、お釈迦様自身が三十六歳時に悟られたというのは、


こうした神の大意識と心的に即自一体(宇宙即我)となり、

それによって


森羅万象一切の生い立ち、

宇宙と人間、

神の存在、

人間のあり方、

魂の転生輪廻など



これらが一瞬のうちに明らかとなったとされ、


いわゆる神の意思・智識や智慧


心にダイレクトに受けることができたといわれます。 


ちなみに、具体的にどのようになられたのかといいますと・・・


三十六歳時、悟ることができたお釈迦様の意識霊魂(光子体)が、その悟りの直後、

すぐに幽体離脱(ゆうたいりだつ)して

八次元・如来界七次元・菩薩界の中間にある梵天界にまで昇り、

御自身お悟りの所見を講演いたるところになったのであります。

これは悟ってのち地上界・人々に神の法(仏法)を流布させる役割を担う裏づけがあってのことからでもありました。


なんだか話が壮大なスケールになっちゃってますが、



悟りとは、そういうものなのです。


posted by どうざん at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | お釈迦さまものがたり[番外編] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。