2013年04月15日

お釈迦さまものがたり[25]《宇宙・生命の根本》

昨夕、動真庵竹林「たけのこ」を採りに行ってみたところ・・・


イノシシに掘られまくっていましたがく〜(落胆した顔)


が、なんとか見付けたのがコレ1個ひらめき

IMG_20130415_180323.JPG

10cmありません・・・ふらふら


というわけで、

「お釈迦さまものがたり」から、だいぶ話がそれていましたので、


そろそろアララ・カラマー仙人の話に戻りたいと思います。
 


ことの真偽は別として、


表面意識潜在意識からなる

心全体の活動を完全停止させる

「無の境地」を標榜する、

そんなアララ・カラマー仙人がする


綿密な「心の探求」は、


見事といえば見事な分析ではあるのですが、


そこにはアララ・カラマー仙人の


独特世界観(宇宙観)生命観


根本に敷かれていたのです。 


彼は「我(が)」滅却させることによって生ずるとされる


「無という境地」
に、


何ゆえこだわり

何ゆえ「無」それ自体を極限の悟りと同一視しようとしたのか 



それは・・・



宇宙・生命の根源というべきものは、

我々人智を超越した「混沌(こんとん)状態」にあって、

それは永遠に収拾ができ得ぬ状況に置かれたもの



とする、

絶対的な確信

これが彼自身にあったからといえます。 


どうして彼がそう確信したかは不明でありますが、


やはり戦乱冷めやらぬ時代背景

強く彼自身の心魂に働いたことがあげられます。  



アララ・カラマー仙人の考えでは、


宇宙ないし生命の根本は「混沌」そのものであって、

我々人間の頭からすれば宇宙ないし生命の根本は

まさに不可解となってあるべきもの



として、これを見立てたのです。


「混沌」が根本ということですから、


そこには秩序とか調和といった常態

本来的に成り立つわけはなく、

ましてやそこから真理や法則など導き出すこと自体

全く不可能、全くのナンセンスな詮索でしかないと、

また、私達の眼前に現象として顕われ出ている宇宙・生命の諸相のすべては、

まさに不可解であるがゆえに、



根拠なき偶然の積み重ねによって出来上がっているに過ぎないもの

それら存在の裏づけや意味などありようがないもの



として、


アララ・カラマー仙人は、

すべてをこのように規定していったのです。


つづく。 


posted by どうざん at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お釈迦様ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

お釈迦さまものがたり[番外編9]《次元と意識境地》

IMG_20130403_114724.jpg

今年も、うじゃうじゃとつくし生えてます。



では、続きを・・・



人間として到達ができる最大限の意識境界である


九次元実在界(太陽界)


言ってみれば人間として、


ぴかぴか(新しい)より神近き意識境地ぴかぴか(新しい)でもあるわけです。



で、そもそもとは


ということになると思うのですが・・・



分かりやすく言えば、



かわいい人間以上の存在となって働くものかわいい


これが神であると言えることになると思います。


とするならば、


その神なるものというもの、それは・・・



大宇宙の中にある一霊圏
(三次元この世・現象界そして四次元から九次元までの実在界を含めた全人間が生存できるとされる全環境)


としての地球、

その位置所在の内にあって、

私達人間を含めた地球生物すべて各々が、

魂・修行できる活動のための

時間・空間という基本的条件を与え、

そのうえで大自然織り成す生存環境のすべて

それら全部を悉く

与えてくれるものということ



になります。


そして、その神の依命を受けた最高責任者・人間居る場所(意識空間)


それがまさに九次元実在界(太陽界)ということになると言えます。



そうすると気になるのが、



とはいかなる実体なのか



ということになると思います。


これまでの説明で言うと・・・



それはここでいう


九次元実在界(太陽界)を乗り超えた

十次元以上の意識境地を持つ存在



ということになります。



では、人間として到達ができる最高段階である意識境界の一つ上



十次元・意識境地とは・・・



それは、地球そのものが持つ意識境界がそれであります。


なぜなのか


それは、
私達世界の中で人間能力を乗り超えた存在
とは、


私達地球を取り巻く自然現象にこそexclamation


それが当てはまるからです。


まあ、これは地球にも魂(意識)といえるべきものがあるということになります。


そうすると地球そのものも一つの生命体であるということになるわけで、


地球そのものが持つ大きな意識、あるいは地球環境を

大調和へと向かわしめようとさせる

諸々の自然現象からなる真理や法則




いってみれば自然神のようなもの



これらすべてが十次元・意識境地となって、


まさに私達人間は地球自然界の恩恵を享け、


一方で大きく影響がされて生きていくということになるのです。 


地球そして地球上空を取り巻く

地球霊圏に生きる私達一切は、
※物(物質)心(意識)両面からなる地球環境

常に十次元となって生きている地球意思のもと、

すなわち地球・神なるもとに、

支配され生き生かされている



ということです。


仏教では、こうした自然神の姿ないしは自然神が持つ意識のことを、


五大(ごだい)


すなわち


地・水・火・風・空


といいます。


仏教では神を否定しているとする人々が世の中には多くいるようですが、


この五大として、


すなわち


自然の真理・法則・エネルギーとして、神を表現している


ということになります。


さて、十次元があれば当然のこととして十一次元もあるわけです。


なぜならば、


ここでの「次元」とは・・・


全く世界を異にした階層構成を意味する言葉だからであります。



では、十一次元・意識境地とは



太陽系そのものということになります。

いわゆる太陽が持てる意識境界ということになります。


地球も一生命体で意識があれば、


太陽も列記とした意識・生命体であるということ
です。


太陽は、あの凄まじいエネルギーを放射しながら太陽としての意思を持ち、


大調和をはかって生きていこうとする魂であるということになります。 



ならば十二次元はとなれば・・・



約1000億個の恒星群からなる私達がいる


ぴかぴか(新しい)天の川銀河宇宙ぴかぴか(新しい)


そのものが持つ意識境界となります。



そして、十三次元とは・・・



私達銀河宇宙を含めた島宇宙の意識境界



………と、もうこれには行き着く先がありません。がく〜(落胆した顔)


ですので、



神とは、何ぞや?


ということですが、



神とは・・・



これが百千万億も上方へ次元展開がされた、

それほどまでに大きく広い姿形・意識を持った存在



ということになるのです。


お経の記述を類推解釈していっても、これと同じようなことが読み取れるんですよ。


ということで、


このブログでの『神さま』の位置づけというのは、


様々な宗教、宗派などで崇め奉られているような神ではなく



ほぼ無限に大きく広い姿形・意識を持った存在



これであります。


ぴかぴか(新しい)お釈迦さまぴかぴか(新しい)は、こうした存在と


言わば・・・


一体化・同調


されたわけですね。わーい(嬉しい顔)
posted by どうざん at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お釈迦さまものがたり[番外編] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

お釈迦さまものがたり[24]《第九禅定瞑想と九次元実在界》

もも
IMG_20130404_114819.jpg

昨日は、みぞれっぽいのも降り・・・雪

4、5℃までしか気温が上がらなかったので、結構寒かったです・・・ふらふら


またまた久しぶりの更新となりました・・・

もう少し早く更新するよう心がけますあせあせ(飛び散る汗)




従来の方法では、


悟りの境地にたどり着けない(たどり着いた人がいない)ため、


お釈迦様自ら独自な意識境地を求めるため、


九つからなる段階に分けて禅定瞑想を順次に積み重ね、


ようやく悟ること(仏陀となる)ができたわけであります。



ここで何故?九段階にも瞑想法が分けられ、


何故?第九段階に到って悟りそのものが得られるのか?



それは・・・



私達が持つ心の世界



すなわちあの世・実在界というは・・・



おおよそ九つもの段階からなるの階層世界によって出来上がっているからであり、


そこでの心の最高境地である九次元実在界(太陽界)


こここそが、


人間として到達ができる最大限の意識境界であるからです。


地球という地場にあって、


肉体を纏(まと)い人間として生きていく条件下では、


この九次元実在界(太陽界)までが意識境地の高められる限度とされるからです。


その意味で、人間としてより神近き意識境地が、


この九次元実在界(太陽界)ということになるわけとなります。 


まさにお釈迦様の場合は、


第九禅定瞑想をとおして


ぴかぴか(新しい)最高段階の九次元実在界(太陽界)へと到る意識境地(仏陀の意識境地)ぴかぴか(新しい)


が得られたんですね。

次回は、「九次元実在界」についてちょっと掘り下げます。わーい(嬉しい顔)
posted by どうざん at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お釈迦様ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。