2012年01月28日

お不動さん

IMAG0042.jpg


今日は『不動明王』縁日です。


ということで、年初めの『初不動』



『不動明王』を祀っている寺院では、「供養」や「祈願」なんかで賑わっているそうです。





『不動明王』は、古代インドからのシヴァ神を源流としています。


代表的な姿はというと、


弁髪{髪の毛を伸ばし、三編した状態}をもった奴僕(ぬぼく){しもべ、言わば奴隷}の身形


忿怒(ふんぬ){かなり怒っている状態}の形相


手には、利剣(りけん)羂索(けんじゃく){縄}

利剣とは、魔を退散させ、人々の煩悩を断ち切る剣。

羂索とは、悪を縛り上げ、また煩悩から抜け出せない人々を救い上げるための縄。




『不動明王』を例えると・・・



「わが子を叱る父母の愛」


愛しいわが子を、可愛がるばかりでなく、叱り導く父母の愛情に例えられます。




ちなみに、「叱る」「怒る」は違います。


簡単に言えば・・・


自分の思い通りにならないから「怒る」

【自己中心的】な考え「怒」


自分が悪役になっても、その人には正しくあってほしいから「叱る」

【自己犠牲的】な考え「叱」




≪短気は損気≫ということわざがあります。


気が短くて怒りっぽいと、自分の損になることが多いということですが・・・


仏教の<因果応報>という観点から申しますと、すべての[行い][言動][思い」[感情]などは、巡り廻って自分に返ってきます。


誰かに嫌みなんかを浴びせている人は、どこかを廻って、今度は、誰からか浴びせられる方になる。



ということは・・・


その逆パターンもあるということexclamation×2





posted by どうざん at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

すがもん

18日は「観音さまの縁日」でしたが、今日は「お地蔵さんの縁日」です。



今年初めての縁日だから『初地蔵』




「お地蔵さん」といえば、道端でよく見かけます。また、かわいいイラストなんかでも、よく見かけますね。




一番有名な「お地蔵さん」と言えば・・・・・





じっちゃん、ばっちゃんの【原宿】





そうexclamation東京巣鴨とげ抜き地蔵


ちなみに、巣鴨地蔵通り商店街には、とてもかわいらしい鴨の『すがもん』というイメージキャラクターが盛り上げの手伝いをしています。






予断でしたが・・・たらーっ(汗)

ここには、延命地蔵という菩薩様がいらっしゃる曹洞宗のお寺です。



「お地蔵さん」は、「観音さま」同じ『菩薩』の方です。




みなさん、気付きました?

「観音さま」{さま}づけなのに、「お地蔵さん」{さん}づけ。




質問です。

あなたは、どんな人たちを{さま}{さん}で呼びますか?





ここが、答えです。


親しくさせていただける人に{さん}づけで呼びませんか?
親しくさせていただくことすら、かなわないような人{さま}づけで呼びませんか?




「お地蔵さん」は、道端やかわいいイラストなんかであるように、身近な存在なんです。




それは・・・




お釈迦様が亡くなってしまうと、『仏』この世に不在になってしまう。

56億7000万年後に、ようやく次の『仏』である弥勒菩薩出現される。



そこで、その間私たちを救ってくださるのが『地蔵菩薩』と言われています。




とくに、『地蔵菩薩』最も弱い立場の人々最優先救済する菩薩とも。





だから、昔から身近な存在「おじぞうさん」なんでしょうね。



あなたを手助けしてくれる身近な人は、実は・・・「おじぞうさん」だったりするかも。
posted by どうざん at 09:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

和尚がU

今日は、「旧暦」正月です。


晴れ【元旦】晴れ


ということで・・・



あけまして、おめでとうございます。




そもそも「旧暦」とは、今の「グレゴリオ暦(太陽暦)」より前の「暦」ということになりますが、実は・・・

 
9回も変わっているとか・・・



現在での「旧暦」とは、一つ前の「天保暦」



いつ変わったかと申しますと・・・・


旧暦{明治5年(1872年)12月2日}まで。現在の「グレゴリオ暦(太陽暦)」でいうと{明治5年(1872年)12月31日}



たった140年前exclamation



意外と最近なんです。




当時の人は、お正月気分になれたんでしょうかねぇ〜。


だって、翌日である、「旧暦」{12月3日}が、いきなり【元旦】になっちゃうんですからあせあせ(飛び散る汗)




ということで、年の初めということで『お釈迦様』お言葉を。





『等しい』とか『優れている』とか『劣っている』とか考える人は、その思いによって論争するだろう。

しかし、これらに関して動揺しない人は、『等しい』とか『優れている』とか『劣っている』という思いは存在しない。






「自分は・・・」とか「あの人は・・・」と、人と比べることによって、その思いが生じる。


その思いとは、優越感劣等感など。


そのことによって、「苦」が発生してしまう。


その思いがなければ、「苦」は発生しない。


「苦」とは、自分自身で作りだしているもの。


特別でなくてもいい。


そのままのあなたで、いいんですよ。
わーい(嬉しい顔)




ラベル:旧暦 正月 釈迦
posted by どうざん at 10:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。